こだわり

現場重視

一番大切なことは、建物をしっかり造ること


何が一番得意かと聞かれたら真っ先に「現場」と言ってしまいます。

弊社は木造住宅一筋60年以上の実績があります。家が建つまでは設計図等である程度イメ-ジはつかめるかもしれませんが、実際の建物は、図面とは圧倒的にスケ-ルが違います。

今まで気付かなかった事や「やっぱりこうしたい!」「ここに何か付けてほしい!」など、様々な考えが浮かんでくると思います。

そんな時は、現場にいる大工さんや職人さんなど、気軽に話しかけてください。経験豊富なスタッフが、家づくりに関する悩みに親身におこたえいたします。

地域密着

施工中と同様に大切なことが、施工後のお付き合い


地域密着の利点を生かして、些細なことでもすぐに対応できるようにしております。「こんなこと相談してもよいのだろうか?」等、気にしなくても大丈夫です。お客様が納得がいくまでお打ち合わせいたします。

お引渡しは終わりではなく始まりです。アフターメンテナンスや定期点検を行い、末永く安心して暮らして頂けることを第一に考えています。

適正価格

材木一本一本から細かくお見積りをしています


お見積りの価格を構成している大部分は、材料と人件費です。

材料は、その工事に必要な量・本数を拾い出し、人件費はその工事に掛る日数等を計算してお見積り金額を出します。

弊社では、お見積りの中には、建築物単体の金額だけではなく、外部の給排水設備費用・照明器具・空調設備・カ-テン・建築確認費用・設計費用も含んだ「お住まいいただける状態」のお見積りを出しています。

一般事業主行動計画の公表について

大栄建設㈱は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします

 次世代育成支援対策法とは

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、平成1741日から10年間かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。

 一般事業主行動計画とは

企業が、子育てをしている労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

  「大栄建設株式会社 行動計画」

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 2020/4/12025/3/31まで

2.内容

目標1:2020年 4月までに、子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度を導入する。

<対策>

 ●2020/4月~社員のニーズの把握、検討開始

 ●2020/5月~制度の導入、管理職研修及び

  社員への周知

目標2:育児休業等を取得しやすい環境作りのため、管理職の研修を行う。

<対策>

 ●2020/4月~管理職へのアンケート調査によ

  る実態把握

 ●2020/5月~研修内容の検討

 ●2020/5月~研修の実施